榎並雪彦 オフィシャルブログ
榎並雪彦のスキーレッスン日記です。

Facebookはこちらから

レッスンスケジュールはこちらから

「イルカに乗った おじさん」

数年前から 「踵を使って加重」や「スキーを動かせ」という言葉を聞きます。
その操作が、ドルフィンキックドルフィンターンの動きにあてはまると思います。

最近撮った画像ですが、スキーをシーソー状に使う操作(ドルフィン)です。
この運動ができるとスキーを平面(ワイパーorプロペラ状)で操作するだけではなく、
立体的な操作、すなわち深さのあるスキー操作が可能になります。
ターンをぬけて切換え部分で次のターン(横)方向へ スキーの移動がしっかりある はぎれの良い(走りのある)滑りが可能になります。

ポイントはターン後半で踵に乗りスキーのテールをたわませるイメージ、スキーをウイリーさせる感じになります。
上手く出来るとスキーが横移動しながらスキーのトップやブーツが浮きます。
浮いたらすかさずテールを引き上げトップを下げます。

連続ターンの画像の斜面は整地ですが、スキーの動きはウエーブを滑っているように見えます。
ターンの後半のポジションは外向を使いスキーに対して踵(テール)ですが、斜面に対して前傾になります。

動画:スキー解説「ドルフィン」 ※画像をクリックして動画をご覧ください。