榎並雪彦 オフィシャルブログ
榎並雪彦のスキーレッスン日記です。

Facebookはこちらから

レッスンスケジュールはこちらから

平日狭山ナイターレッスン、レポート

11月20日、午後6時から狭山スキー場にてナイターレッスンを行いました。
最近は気温も下がり狭山の雪質も良くなって滑りやすくなりました。

今日も参加者個々のレベルアップを目標にレッスンを行いましたが、 ターンポジションを中心に、関節の使い方、身体の向き、スタンスの前後差など、そしてターン中に必要な身体運動の方法などの練習を行いました。
参加者皆さんの滑りも少しずつ変わってきたように思います。
その調子で頑張ってください。

いつも西武池袋線で通っていますが、西武球場前のイルミネーションがきれいだったので写真を取りました。

071120hp.jpg

ラニーニャ現象で今年は大雪!?「カザワレッスン」リポート

11月18日(日)、カザワハイランドスキー場でレベルアップレッスンを行いました。
シーズン初めのレッスンなので、レッスン内容は参加者それぞれの滑りのチェック、そして今シーズンの個々の目標に合わせたアドバイスと今後の課題やテーマなどの説明をしながらの練習内容でした。

カザワは冬型の気圧配置で時々雪が降る寒い天候でした。
TVの天気予報を見たら今年はラニーニャ現象で一昨年のように大雪になるかも!? という予報が放送されていました。 スキーヤーにとっては雪は少ないより多い方が良いですね。
参加者の皆さんお疲れ様でした。

071118.jpg

「平日ナイターレッスン、狭山スキー場」 リポート

11月7日水曜日PM6時から狭山スキー場でレッスンを行いました。
シーズン前の狭山のゲレンデはかなり良い練習になります。


今日のレッスンは、
①ターンポジションの確認(正しい関節筋肉の使い方でスキーのセンターに乗る)、
②ターン後半ターンを仕上げる為の身体運動の方法(ポジション)、
③切換えでニュートラルが表れる上下動に見える切換え、
④上下動に見えない切換え(ターン前半 脚の関節を伸ばしながら身体を傾けターンポジションに入る滑り)、

以上の内容を、身体の向きを進行方向に向けターン前半から「適度に外向傾が表れる滑り」と、
身体の向きをフォールラインにからめた「ターン前半内向内傾、ターン後半外向傾」が表れる滑りとを使い分け、プルークスタンス、ワイドスタンス、パラレルスタンスなどで滑るトレーニングを行いました。

参加者の皆さんお疲れさまでした。
これからスキーシーズン本番です。それぞれの目標に向かって頑張ってください。
また是非レッスンにご参加ください。
ありがとうございました。

071107hp.jpg