榎並雪彦 オフィシャルブログ
榎並雪彦のスキーレッスン日記です。

Facebookはこちらから

レッスンスケジュールはこちらから

ショートポールレッスン

1月第4週末の2日間、カザワスノーエリアスキー場にて週末レッスンを行いました。
雪質の良い締まったバーンでのゲートトレーニングはやはり良い練習になります。
ポジションやライン取り などなど、スピード感覚 スキーの動きや力強さなどが自然に身に着く
バリエーション練習とゲート練習を組み合わせレッスンを行いました。

参加者のみなさんお疲れさまでした。

みんなかっこいいですね、

20110123.jpg

ムヒョー!

1月の第3週の金曜日、軽井沢プリンススキー場でレッスンを行いました。
天気も雪質も良く スキー日和となりました。
ゲレンデの周りの木々は真っ白の枝になりとても綺麗な霧氷になってました。
 レッスンのテーマは「ダイレクト谷回り」、
・・・頑張ってください。(^ ^)

karuizawa32.jpg

貸切のゲレンデ

1月17日(月)、カザワスノーエリアにてプライベートレッスンを開催しました。
ここ数日の大雪でゲレンデは良いコンでションでした。

圧雪あり深雪ありでいろいろな状況、斜面で練習をしました。
午前は大回り、午後は小回り練習、
貸切のゲレンデで十分練習する事が出来ました。
参加者の皆さん お疲れ様でした。


・・・ さて、下の写真の向って左の滑り(急斜面大回り)、 何が足りないと思いますか? 

少しポジションが後ろに見えまね。ターン前半なのにスキーの前後差が換わり少し外傾が現れた滑りです。

私が感じるのは腰(身体)の向きがターン外向きになってます、もっと外腰(外足)が前へ出て腰(上体)の向きがターン内向きになればこの局面では更に良いポジションになると思います。

向って右の写真は 急斜面の浅い深雪を小回りした滑りですが なかなか良い滑りです (ターン後半 体の下へスキーが戻ってくるのを感じる一コマです )、  さすがクラウン保持者ですね。

本人のプライバシー保護の為、画像を編集しシルエット化してます、(^^)V
この写真はビデオの画像を使用しました、滑りの解説を希望する方は素材をお送りください。
出来る範囲で解説します。

110120.jpg