榎並雪彦 オフィシャルブログ
榎並雪彦のスキーレッスン日記です。

Facebookはこちらから

レッスンスケジュールはこちらから

技術解説「上手い人は皆 踵を使って踏んでいる!?」

最近 「もっと踵を使う(踏む)」 とか 「スキーを動かす(止めない)」 とか言われてますが、意味 わかりますか?
お客様からもHPに質問がありましたが、ここではその解説を 「榎並流に説明」 したいと思います。

まず 下の 「ブランコを立ちこぎしてる」 絵を見てください。
070529BLANCO_3.jpg
これはブランコを大きく振ろうとしている絵です。
この絵を見て 「身体の使い方(動かし方)」 をイメージしてください。
ブランコの板を大きく前(上)へ振るためには、進行方向に後ろから脚を押し伸ばしてあげるように身体を動かします。
 注意する事は、「足首を緩めず踵を踏むこと」、そのことにより後傾ではない良いポジションで踵を使う運動になります。
このブランコのイメージが 「もっと踵を使う(踏む)」 & 「スキー(板)を動かす(止めない)」 という身体の動きと近い動きになります。

その動きを手でイメージしたのが下の連続写真です。 070529te-2hp_rainbow.jpg
上の写真は矢印の方向に手の平(手首側)を押すように動かします。
伸展筋を使い手の平に圧をかけるようなイメージです。
ただし指先はあまり沈まないようにもう片方の手でおさえます。

この動きが 「踵を使う(踏む)」 & 「スキーを動かす(止めない)」 というイメージの動きになります。ブーツのタングをただ上から潰すような脛(すね)の曲げすぎた使い方と違うことが分かると思います(脛を曲げ過ぎると足は前へ出て来ません)。
ブーツの足首の角度は適度に前傾してます。その適度な前傾角度を大切にしたいです。

そしてそれを横に動かしたのが下の写真になります。 070529te-1hp_rainbow.jpg
この上の手の動きが実際にターン中に行う脚の動きのイメージになります。

重心はスキーのセンターに近いところですが、ターン後半は踵側を押し込むようにスキーの動きを止めないことが重要で、この動きができでばターン中 スキーを止めない 「身体の運動が途切れない」 、そしてそのスキーを踏んだ圧の返りを利用して切換え スキーや身体の移動の速い 「走るスキー」 が表現できる滑りになると思います。

注意点としては足は動いても、上体は斜面に対しての前傾角や谷向きをあまり変えない事がポイントになります(これは前のブログ技術解説でも説明しましたが、結果ターン前半は内向内傾、ターン後半は外向外傾になります)。 また踵を踏む時は膝の角度を曲げない(緩めない)事が重要です。膝を曲げると腰が後ろへ引けて後傾になってしまいます。

ちなみに私が教えているKさん、脛や上体の前傾が強く前へ突っ込みすぎる滑りで 私はバランス(ポジション)が悪いので数年前から 「もう少し脛を起して踵を使って滑って」 とか 「もう少し上体を起してスキーの真ん中に乗って」 というアドバイスをしていました。 
最近いろんな先生から同じようなことを言われやっと直す気になったとか・・・、  どうりで近頃 ずいぶん上手くなったと思いました。 Kさん頑張ってください。(^^)


興味を持った方、 この手の動き試してみてください。
また ご質問、ご意見等ある方はメールにてお願いします。