榎並雪彦 オフィシャルブログ
榎並雪彦のスキーレッスン日記です。

Facebookはこちらから

レッスンスケジュールはこちらから

ターンはしっかり仕上げ 「最後までしつこく踏む」

先日ブログの中で、「ターンを早くやめる」の意味の解説をしましたが、多くの方々からの反応 反響があり、さらに理解を深めてもらうために下の図動画を用意しました。

下の図は「B」のところでターンが終わっています。
次に「BからA」の部分が切り換えでスキーが走って移動している部分。
そして「A」からターンが始まります。

ターン後半は「B(ターン仕上げ)」に向かって スキーを動かしているので踵よりの加重になります。
そしてその時に重要なのは上体の動き、ターン内側に傾いていた上体がスキーの真上へと上体の谷向き(ひねり)を使いながら動いています (この時ターン中ですからスキーの雪面への角付け角は緩んでいません)。
結果 スキーにしっかり圧たまり そしてその圧を利用した切り換えができます、良いターンの仕上げができるとスキーは進行方向に走り出しスキーと身体とのクロスオーバーがスムースに行われ スキーと身体の走り移動)のあるアクティブな滑りになります。 

横のスペースで考えると「3分の1」でターンを早くやめている様に見えますが、「B」まではしっかりスキーを踏みつけターンを仕上げています。  決して中途半端に早くターンをやめてはいません。

また切り換えの「BからAまで」 スキーの走りがあるので,見た目にはスキーのフラットを作っているように見えますが、感覚的には山回りと谷回りを「S字でダイレクトにつなぐ」イメージで滑っています。
切り換えの走りがあると移動距離が長いのでフラットを作って見えますが、実践的滑りではそんなフラットを意識して作る時間などありませんね。
切り換えは山回りで溜めたエネルギーを利用して 山回りの最後(「図Bまで」)まで両足で踏ん張って雪面を蹴るようにして次のターンに入っていきます。
ドルフィンキックという言葉がありますが、まさにその動きですね、タイミングが合うとめちゃくちゃスキーが走りますよ。 (上体の谷向きを常ねに維持することで「安定したかまえ」も忘れずに・・・)


・・注意・・
勘違いして欲しくないのは、スキーが横を向きすぎてターンが深くならないように、 またターン後半の仕上げにエッジングが強くなって雪煙が上がったりしてはいけません。 山回りは早めにしっかり仕上げることです。」



先日のブログで 「久々の「大回転」」 という記事がありますが、その記事の一番下に榎並が実際に滑った動画 があります (1本目2本目2本の滑り)。
上の記事の内容を 「榎並が実践」 しています。 
多少のバランス崩れ、ポジションのミスでターンの遅れなどはありますが上記の説明を理解していただくためにぜひご覧いただきたいと思います。
スキーを走らすためにターンの仕上げ「図のB」でスキーを両足で最後まで踏ん張って切り換えているの何となくわかりますか?」

しつこく踏む 

 (動画をもう一度見たい場合は「F5」キーを押してね)
    

 

動画:榎並雪彦マスターズの滑り携帯でご覧になるかたはこちら